2月16日は仙台にて行われた、
メイク教室 美塾の講師養成講座へ、
サポート講師として参加させて頂きました。
{F998D16B-53E4-4F6A-81C6-6A15043E4179:01}

講師養成講座の講師は、
美塾創立者でもある
内田塾長が勤めています。
{20284BCD-154B-495E-AF53-4C9BA3C3D9F0:01}
全国各地の講師候補たちは8名で、
昨年の10月より3週間おきに半年間
仙台へ通われています。
今回のレッスン内容は、
モデル様を招いて
教室のデモをさせて頂くことでした。
{C1A127F8-69DB-47FE-9635-93E2BD819327:01}

美塾のメイクは

「自分自身のメイクのプロになる」
と言うコンセプトなので、
習えば誰でも簡単に習得出来ます。
でも伝える講師側は、
塾長が考案されたメイク方法を、
しっかり伝えなければなりません。
{494462AA-B9EF-4431-81A8-4F548508226C:01}

自分流に変えるとか、
何となくこんな感じでとか、
それでは美塾を伝えていることにはなりません。
デモを終えてモデル様たちが帰られた後に、
塾長がこう私たちに言いました。
在り方や場の作り方は、
皆んな出来ている。
でもテキストの基本を覚えていない。
講師は先ず伝えることを
落とし込まなくてはなりません。
たどたどしく話そうが、
個性が出せないようが、
テキストを全て伝えなくては、
生徒様に失礼です。
でもね、
在り方も場の作り方も出来ている皆んなは、
あとは努力してテキストを全部覚えるだけ。
在り方も個性も努力だけでは補えないから、
本当はやれば皆んな出来るはずです。
本当にそう思います。
{EE1BBDD2-A992-423C-AC9C-1DB457A0B8C8:01}

私は塾長のような個性は出ないので、

最初の頃札幌でやっていくのは
私はムリなのかもしれない…。
塾長が何となくたまに来て、
半年に一度レッスンする方が、
皆んな嬉しいのかも…。
そう思ったことが何度も何度もあります。
笑いをとるレッスンも出来ないし、
話も上手くありません。
そう思っていました。
でも生徒様が本当に知りたいのはメイク方法なのに、
その時は在り方や個性を出さなくてはならない。
そこに悩んでいたのかもしれません、
私が4年前に美塾と出会った時は、
まだ札幌では存在自体も
殆ど誰も知られていませんでした。
それでもやりたい!と思ったのは、
このメソッドを見つけ共感し、
私もこれを伝えていく側になると、
強く思ったからです。
趣味ややりたいことが今でもなく、
あまり好奇心旺盛ではないけれど、
美塾だけは初めて生涯やっていきたい!
そう思いました。
だから塾長のようレッスンではなくても、
自分の個性が分からなくても、
話し方もたどたどしくても、
ちゃんとテキスト通りにはやろう。
それだけはずっと変わりません。
個性なんて後から付いてきますしね。
ここはメイク教室なので、
生徒様がもっと綺麗になれる所です。
創立者の存在が私にとってあまりに大きく、
綺麗になれるメイク教室なだけなのに、
私自身が難しく捉えていました。
創立者がやるべきことと、
講師たちがやるべきことは、
同じ場合もあれば、
それぞれの役割もあります。
そこをしっかり理解していれば、
落ち込むこともないです。
今回サポート講師として参加し、
私自身も本当に学ぶことが多かったです。
3年ぶりの講師養成クラスでしたが、
私が受講した時とその後は進化し続けていました。
やはり人は止まることなく、
おごることなく、
学び続けるべきなんだと思いました(^^)
受講生たちの熱い気持ちが
とても伝わってくる1日でした。
そして受講生たちとも仲良くなれて、
とっても充実した日となりました。
{82DE7BA3-6A82-432E-BEB3-F5AAF04D6FDD:01}

やっぱり美塾は良いところだなぁと、
改めて感じました*\(^o^)/*
3月には受講生たちが卒業しますので、
全国のどこかで教室が開催していきます。
と言うことは、
綺麗な女性がまたどんどん
増えていくんですよね*\(^o^)/*


日程が迫っています。
懇親会も参加希望の方は、
2月末までにお申し込み下さいませ。

3月7日(土)美塾内田塾長による
「愛する力を養う」
札幌講演会のご案内はこちらから♪


・・・・・・・・・・


自分に似合うメイクと髪型、

ファッションが分かる、
ナチュラルメイク教室
「さっぽろ美塾」では、
随時体験レッスンを開催中です。
お気軽にお越し下さいませ^^


2月の体験レッスンの詳細です
3月の体験レッスンの詳細で
4月の体験レッスンの詳細です

2月スタート!初級レッスンの日程です


【お問い合わせ先】
ikuko@bijuku.jp
または
こちらをクリック♪
小笠原 郁子までお願いします。


にほんブログ村